[PR]

 小雪さんは、リビングダイニングルームにいた。

 目が合うと最初に言ったのは――。

「ようっ」

 貫禄のある、というより、ドスの利いたハスキーボイスだった。

「あんたがシンちゃんの息子かあ。確かに目元が似てるよ、うん、似てる似てる」

 うれしそうに、懐かしそうに手を叩(たた)く。

「小雪さん」という…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも