[PR]

 ■若手の力量にうなる 小説家・逢坂剛

 当時十九歳だった増島拓哉が、極道小説『闇夜の底で踊れ』で、小説すばる新人賞を受賞した。のっけから、ベテランの選考委員をうならせた、ともっぱらの評判だ。

 やくざ上がりで、パチンコ狂いの伊達は、ソープ嬢詩織と恋仲。必要な金を稼ぐために、暴力団の手先を務めている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも