[PR]

 人件費などに使われる国の予算の抑制や、度重なる改革で日本の大学は疲れ果て、深刻な危機を迎えている――。そう心配するノーベル賞受賞者の梶田隆章氏や白川英樹氏らの呼びかけでできた団体が先月、東京都内で初めてシンポジウムを開いた。梶田氏は「社会の理解を得て、研究費への税金の投入を増やす必要がある」と訴え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも