(シンギュラリティーにっぽん)第1部・未来からの挑戦:2 生存率の予測、医師かAIか

有料記事

[PR]

 人工知能(AI)が、臓器移植前の患者の余命をも予測する。医師だけで判断するこれまでの常識は変わりつつある。(大津智義、ロサンゼルス=牛尾梓

 50歳男性。身長178センチ、体重80キロ。心臓病を患い、補助循環装置をつけている。心臓移植を受けなければ3年後の生存率は「15%」。受ければ「69%」…

この記事は有料記事です。残り2579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。