[PR]

 ソフトバンクに待望の1点をもたらしたのは代打栗原。延長十回2死一、三塁で「緊張を取るにはまず振らないと。空振りオッケー」と、初球の低い真っすぐに食らいついて中前に運んだ。「やっとチャンスが来た。燃えていた」という高卒5年目。プロ初打点で投手戦に決着をつけた。

 <平石監督(楽)> 打線が機能せず…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも