[PR]

 日中の閣僚が経済の課題を話し合うハイレベル経済対話が14日、北京市で開かれ、日本産牛肉などを中国に輸出するのに必要な「動物衛生検疫協定」の締結に実質合意した。牛海綿状脳症(BSE)や口蹄疫(こうていえき)の発生で、2001年から止まっている中国向け輸出の解禁に向けた第一歩となる。(北京)

こんなニュースも