[PR]

 新入社員も高級外車を買っていた「バブル経済」(1990年)が崩壊した92年、「カード破産」が新語に。この言葉の生みの親とされる宇都宮健児弁護士は、当時債務に苦しむ人の支援に奔走した。「普通の会社員が108社から1億円以上を借り、月の返済が7、800万円に上る例もありました」

 その反動か、「清貧の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも