元国立天文台長で、ハワイに建設された光学赤外線望遠鏡「すばる」計画の責任者を務めた海部宣男(かいふ・のりお)さんが13日、膵臓(すいぞう)がんで死去した。75歳だった。葬儀は親族で行った。

 新潟県出身。宇宙に浮かぶガスやちりなどの「星間物質」の研究を続けてきた。1982年に完成した野辺山宇宙電波…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも