[PR]

 一度見たら脳裏に焼き付く絵だ。洗礼者ヨハネの生首が宙に浮き、光り輝く。切断された首から多量の血が垂れる一方で、ギョッとした目が対峙(たいじ)するサロメを見下ろす。

 作者は19世紀後半の象徴主義の画家ギュスターヴ・モロー。同時代の印象派が歴史的、宗教的な主題を捨て去る一方で、モローは理屈では割り切…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも