[PR]

 熊本地震の本震発生から3年を迎えた16日、熊本県南阿蘇村で国道57号の崩落に巻き込まれ亡くなった大学生大和晃(ひかる)さん(当時22)の遺族が現場近くを訪れた。地震発生時刻の午前1時25分、晃さんが発見された川に向かい、黙祷(もくとう)した。

 父親の卓也さん(60)は「見える場所の復興は大きく進…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも