[PR]

 米国務省は15日、台湾に対して、F16戦闘機のパイロットの訓練プログラムや機材支援を約5億ドル(約560億円)をかけて実施する方針を承認し、米議会に通知した。台湾側の要請を受けた対応で、訓練は同戦闘機が配備されている米アリゾナ州のルーク空軍基地で実施する。米政府は「今回の訓練などは地域の基本的な軍…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも