[PR]

 日米貿易交渉の当面の対象範囲が、農産物や自動車などの物品とビッグデータなどのデジタル貿易のルールづくりに決まった。日本には米側が幅広い対象を求めてくる可能性があるとの警戒感もあったが、昨年の日米共同声明の枠内にまずは落ち着いた。米側が農業界に配慮して早期妥結を狙っているためだが、トランプ大統領がこ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも