[PR]

 訴訟合戦を繰り広げてきた米アップルと米クアルコムが16日、一転して和解した。高速通信規格「5G」向け半導体の早期の調達が見通せていなかったアップルが、クアルコムから供給を受ける方向に転換した。一方、インテルは同日、スマホ向け5G半導体からの撤退を表明。米IT大手の構図が大きく動いた。

 「クアル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも