[PR]

 フランスのアコーディオン奏者クリストフ・ランピデキアが日本での初アルバム「ナポリとパリのそよ風」を出した。フランスと自身のルーツであるイタリアの伝統曲が、グルーブ感あふれる演奏で躍動する。

 祖父、父もアコーディオン奏者で、20世紀初頭に隆盛したダンス音楽ミュゼットを演奏した。ランピデキアもミュゼ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも