[PR]

 平成の時代は、地震や豪雨など災害が相次いだ。核家族や共働き家庭が増え、「いざ」というときに子どもと一緒にいられない場合も多い。子どもの命を守るには、誰が、何をすべきなのか。

 ■引き渡し後に犠牲、教訓に 大橋巳津子さん(宮城県石巻市立釜保育所長)

 この春も11人の新入園児を迎えました。申込時に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも