[PR]

 フランスのフィリップ・ガレル監督が約30年前につくった「救いの接吻(せっぷん)」が日本で初公開されることになった。27日から東京・恵比寿の東京都写真美術館ホールで封切られ、順次全国で。

 崩壊の危機にある家族の苦悩を描く物語。ガレルが主人公の監督の役を、実際の家族が妻や実父、息子の役を演じた私小説…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも