[PR]

 この映画は、LGBTへの関心を超えて、親という立場にある人は出来得る限り、見るべき作品である。なぜなら親の理想とする子ども像から外れたことで、魂を殺されかけた青年の愛に満ちた告発になっているからだ。「ある少年の告白」の原作はガラルド・コンリーの「矯正治療(コンバージョン・セラピー)」。これまで全米…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも