[PR]

 ポール・シュレイダーの目には、世界は地獄のように見えている。1976年、彼の書いた脚本は「タクシードライバー」という映画になった。それは汚濁にまみれたニューヨークの街に絶望し、一人の少女を救おうとする男の話だった。それから40年後、シュレイダーが監督した「魂のゆくえ」は、倦(う)み疲れ破滅に向かう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも