社会党副書記長を務め、非議員ながら党の実力者として知られた曽我祐次(そが・ゆうじ)さんが18日、口腔(こうくう)がんのため死去した。93歳だった。葬儀は親族で行い、後日、「お別れの会」を予定している。

 1960年代に「構造改革論」を唱える江田三郎・元書記長と、左派の佐々木更三・元委員長(ともに故…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも