[PR]

 東京電力が4月に始まった新しい在留資格「特定技能」の外国人労働者を福島第一原発などの現場作業に受け入れることについて、菅義偉官房長官は19日、東京電力に必要な指導監督を行う考えを示した。閣議後会見で「法制度の適切な運用を含め、安全で着実に廃炉作業が進むよう経済産業省から東電に対し、必要な指導監督を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも