[PR]

 政府は19日、ギャンブル依存症対策の基本計画を初めてつくり、閣議決定した。パチンコや競馬・競輪などのギャンブル施設への入場制限や、施設内の現金自動出入機(ATM)の撤去などが柱だ。ただ、罰則規定はなく、実効性の確保が課題となりそうだ。

 家族が申請すれば本人の同意がなくても施設への入場を制限できる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも