米の防衛義務適用も 日本へのサイバー攻撃 外務・防衛相会合

有料会員記事

[PR]

 日米両政府は米ワシントンで19日朝(日本時間同日夜)、外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)を開いた。日本に対するサイバー攻撃に、米国による日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条が適用される場合があり得ることを、初めて確認。サイバー攻撃を受けた際の米国の対応を明確にすることで、抑止力を高める狙い…

この記事は有料会員記事です。残り478文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら