[PR]

 角川文庫で昨年新装された手塚治虫『火の鳥』が全14巻で計20万部を超えた。「永遠に生き続ける作品と実感した」と担当編集者の岸本亜紀さん。災害、科学技術、宗教……。「今こそぴったりの内容。発表当時は早すぎたのではと思うほど」と話す。

 新装版は大島依提亜(いであ)による手塚の絵を生かしたデザイン。最…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも