[PR]

 17日にあったインドネシア大統領選で、現職のジョコ大統領に対する敗色が濃厚となった元軍幹部の野党党首、プラボウォ候補が「選挙に不正があった」として、「勝利宣言」を繰り返している。5年前の前回選挙でも当初は敗北を認めずに憲法裁判所に訴え、退けられていた。

 プラボウォ氏は18日に会見し、「2024年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも