[PR]

 気になる表現がある。サッカーのシュートの場面で使われる「左足を振り抜いた」、あるいは「振り抜く」。どうもしっくりこない。

 耳に心地良いし、豪快な弾道を連想させる。しかし、映像で見直すと、多くの場合はもっと繊細な技術を駆使したキックであったり、インパクトに神経を使ったコンパクトなものだったりする…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも