[PR]

 じつは私は水のような文章が書きたい。

 (吉行淳之介)

     ◇

 「水道の水では駄目で、あれはカルキのにおいがする」と作家は続ける。妙な混じり物を嫌うのだ。「一オクターブ高い口調」とか、おもねりとか、そんな言葉の過剰な身振(みぶ)りを排す。「五月なら五月だけでいいじゃないか」と。が、それを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも