[PR]

 最終日は7月の世界選手権の代表選考会を兼ねて東京辰巳国際水泳場であり、男子高飛び込みで中学1年生の12歳、玉井陸斗(JSS宝塚)が474・25点で初優勝した。日本水泳連盟によると、12歳7カ月での優勝は国内シニア大会の最年少記録。ただ、今年12月末の時点で14歳以上という出場規定を満たせず、世界選…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも