[PR]

 21日の中日―ヤクルト6回戦(ナゴヤドーム)で、プレーを見逃したようにみえた二塁塁審の判定を巡り、中日の加藤宏幸球団代表が日本野球機構(NPB)に意見書を提出する意向を示した。

 五回表1死二塁、ヤクルト上田の二飛で飛び出した二塁走者雄平の帰塁が遅れたように見えたが判定はセーフ。その際、今岡二塁塁…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも