[PR]

 デジタル時代の到来で、2000年をピークに写真フィルムの需要は激減した。売り上げの6割を占めたフィルム関連事業の急速な先細りに、トップメーカーが新機軸として模索した一つが、スキンケア化粧品「アスタリフト」などのヘルスケア事業だった。

 「なぜ、化粧品?」

 当初から内外で起きた疑問について、現在…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも