[PR]

 気象庁は22日、福島県と山形県にまたがる吾妻山の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げた。大穴火口周辺の地殻変動がおおむね停滞したことなどから、同火口から約1.5キロの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなったと判断した。

 火山ガスの噴出は確認されているとい…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも