[PR]

 (萩生田幹事長代行が消費増税延期に伴って衆院を解散する必要性に言及したことについて)信を問う資格があるのは総理大臣だけだ。だから、それ以外の人が言ったことは聞き流せばいい。消費税は大局的中長期的な見地から社会保障の必要な財源として確保する。また、使い道を変更して、大きな政策を打ち出した。リーマン・…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも