[PR]

 明治初期の岩倉使節団は、米欧からの帰りにセイロン島、すなわち今のスリランカに立ち寄っている。直前に滞在していた欧州と比べ「人間にとっての極楽と感じてしまうようである」との感想を残した(『米欧回覧実記』水澤周〈しゅう〉現代語訳)。山の緑や水の青さ、澄んだ空気に感銘を受けたという▼もっとも現地の人につ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも