[PR]

 ■人生100年時代、ぜひ「寺活」を 矢澤澄道(やざわちょうどう)編集長

 最近、「終活」がブームですが、私は「寺活」もしてほしいと言っています。自分の老いや死と向き合うときに、寺をもっと活用してほしいからです。

 死や死後について本音で話せる場が寺。愚痴もこぼせるし、半日話しこんでもいい。病院が必…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも