[PR]

 ■(セーフアウト)緩急も制球も自在、8回零封

 「平成最後のTOKYOシリーズ」と銘打たれた首位攻防戦の初戦は、巨人の先発、山口のひとり舞台になった。

 制球が一段とさえたのは、六回1死に初安打を許してからだ。内野安打に自らの悪送球も絡み、初めて得点圏に走者を背負った。2死で迎えたのは青木。動揺せ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも