[PR]

 平成の30年余には、自衛隊の国際貢献の問題に始まり、限定的集団的自衛権の法制化、自衛隊を明記する憲法改正提案に至るまで、憲法9条が政治の大きな争点になった。内閣機能の強化や省庁再編、司法改革などの統治構造改革もあり、人権分野では婚外子の差別問題や夫婦同氏制など、家族をめぐる様々な法制度の合憲性が司…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも