[PR]

 「開かずの『救済への扉』が開いた」。旧優生保護法による不妊手術問題で、被害弁護団は救済法の成立と安倍晋三首相の「おわび」談話に一定の評価を示した。ただ、いずれも被害者が求めてきた違憲性を認めた上での謝罪ではなかった。一時金支給をめぐる懸念も根強い。▼1面参照

 救済法成立から約1時間後、政府は欧…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも