[PR]

 ■震える心、からっぽになった

 岩手県大船渡市の高台に田中彩絵美(さえみ)(20)と松原啓太(当時12)の自宅はあった。

 保育園も小学校も同じ、仲の良い幼なじみだった。彩絵美の父は単身赴任、母は看護師で夜遅くまで働いていた。啓太の両親は離婚し、震災の1年前に母が亡くなった。互いの隙間を補い合うよ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも