[PR]

 戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」をめぐり、元被告2人の遺族が違法捜査を訴えて国に損害賠償を求めた訴訟で、上告審が開かれないことが確定した。最高裁第三小法廷(林景一裁判長)が23日付の決定で、審理の再開を求めた遺族側の特別抗告を棄却した。

こんなニュースも