[PR]

 旧優生保護法成立から71年。被害者が声を上げ、国会を動かした。だが、救済法は十分とはいえず、対象者の特定も一部にとどまる。被害者や支える人たちの闘いは、法廷に場を移し今後も続いていくことになる。▼1面参照

 24日午前、参院本会議の傍聴席で、国家賠償訴訟の原告は弁護士とともに採決を見守った。「賛…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも