[PR]

 陸上のアジア選手権最終日は24日、カタールのドーハで行われ、男子走り幅跳びで20歳の橋岡優輝(日大)が日本歴代2位、今季世界最高に並ぶ8メートル22をマークして金メダルを獲得した。女子100メートル障害は木村文子(あやこ)(エディオン)が13秒13で優勝し、青木益未(ますみ)(七十七銀行)が3位…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも