[PR]

 証券大手3社の2019年3月期決算が25日出そろった。昨年末の株価急落で取引が落ち込んだ影響などで、全社が減益だった。最大手の野村ホールディングス(HD)は海外子会社の減損が響き、通期として純損益は10年ぶりに1千億円超の赤字に転落した。

 売上高は、野村HDが前年比25.4%減、大和証券グループ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも