[PR]

 川崎重工業は25日、撤退も視野に再建策を練っていた鉄道車両事業を存続させる方針を表明した。金花芳則社長が決算会見で「市場環境を分析し、教育などの徹底で再建できると判断した」と述べた。他社との提携もせず、自力での再建をめざす。

こんなニュースも