[PR]

 2021年フェンシング世界選手権から、日本代表の選考基準に英語力の基準が導入される――。日本協会の太田雄貴会長が25日、新方針を明らかにした。

 利用するのは、ベネッセ運営の英語検定試験GTEC(ジーテック)。選手の引退後も考えた施策の一環で、国が高校卒業時に50%の生徒に取得して欲しいというレベ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも