[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が役員報酬を有価証券報告書に過少記載したとされる事件で、東京地裁(下津健司裁判長)は26日、検察側、弁護側との協議を開き、ゴーン前会長と前代表取締役グレッグ・ケリー被告(62)、法人としての日産の公判を分離せず、一緒に審理することを決めた。

 起訴内容…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも