[PR]

 最終日を迎え、今秋の世界選手権(ドイツ)の代表選考会を兼ね、男女の決勝が群馬・高崎アリーナで行われた。男子は昨年最年少で優勝し、予選首位の谷川翔(かける)(順大)が2連覇した。ミスを抑え予選と決勝の合計で170・265点だった。2位に萱(かや)和磨(セントラルスポーツ)、3位に武田一志(徳洲会)が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも