(天声人語)恋なき国

有料記事

[PR]

 「わが国の男女は恋愛することが、下手なのである」。菊池寛は昭和初期、『恋愛と結婚の書』を著した。その半世紀前、福沢諭吉は『男女交際論』で、日本の近代化には男女の自由交際が必要だと説いている▼「明治から昭和の初めまで、恋愛論は高い関心を呼びました」と話すのは、東京・田端の文士村記念館の種井丈(じょう…

この記事は有料記事です。残り468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載天声人語

この連載の一覧を見る