パンク、ご用心 10年で1.5倍、GSでの点検機会減る?

有料記事

[PR]

 車のタイヤのパンク件数が増えている。日本自動車連盟(JAF)の出動件数は10年弱で1・5倍。ガソリンスタンド(GS)のセルフ化などで点検機会が減っているためとの指摘もある。車での旅行が増える10連休、国土交通省は足回りの点検を呼びかけている。

 JAFによると、パンクによる救援件数は減少傾向だった…

この記事は有料記事です。残り639文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!