[PR]

 改元はめでたいとして、ここでは昭和の終わりに始まって未来に続くことを話題にしよう。

 一九八七年二月二十三日、岐阜県神岡町(現飛騨市神岡町)の観測装置カミオカンデが大マゼラン星雲から飛来したニュートリノを検出した。

 ニュートリノはほとんど質量のない微粒子で、空から降ってきて地球をもすり抜ける。こ…

この記事は有料会員記事です。残り1740文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1740文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1740文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも