(変わる大学入試2020)英語民間試験、利用しないわけは 京都工芸繊維大・羽藤由美教授に聞く

有料会員記事

[PR]

 工科系単科の国立大学である京都工芸繊維大学は、英語のスピーキングテストを独自に開発し、入試に活用してきた。一方、2021年春の大学入学共通テストでは、英語の「聞く、話す、読む、書く」の4技能をはかる民間英語試験を利用しないと決めた。なぜなのか。研究開発のリーダーを務める羽藤(はとう)由美教授(応用…

この記事は有料会員記事です。残り1660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。