(世界発2019)あるべき姿、王室の模索 変わる政治との距離感・期待される役割…

有料記事

[PR]

 王室の位置づけは国によって様々だ。時代とともに期待される役割の幅が広がり、政治との距離感もつねに問われる。王位を継承しながらの模索が続くのは日本だけではない。(パルマ〈スペイン〉=河原田慎一)

 ■発言は控えめ、国難で奮起 スペイン

 今月21日、復活祭のミサが開かれたスペイン・マジョルカ島パル…

この記事は有料記事です。残り2795文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!